« 民主党・生方幸夫の乱。 鳩山由紀夫の嘘。 | トップページ | キロロの未来へ。 民主党・ナチ政権の未来。 »

オウム・サリン事件の背後にあるもの。 韓国のたかり。

★サリン事件。

異様な服を着て、異様な名を信徒に付け、頭にヘッドギアを付け、目が飛んでいるオウムのカルト集団。
単なる集団催眠の集団ヒステリーだったのか。病める人間を巧みに取り込んだ宗教という名のカルト。今からちょうど15年前の1995年3月20日、オウム真理教による地下鉄サリン事件があった。当時、事件発生から2時間ほど経って、私は銀座線の地下鉄に乗っていた。虎ノ門駅に着くや車内アナウンスがあった、「さきほど、霞ヶ関駅で爆発事故がありました・・・」。そして夜、家に帰ると、テレビ、夕刊紙は大きな騒動になっていた。

死亡者12人、重軽傷者5510人の大惨事だった。都心の地下鉄に猛毒サリンを散布したオウムの謎とは何だったのか。

それから時間が経ち2009年11月、中国・人民解放軍の特殊部隊が、中国と北朝鮮国境で、空気中から猛毒のサリンを検出した。朝鮮側でサリン工場の事故があったとみて、中国軍が監視を強めているというニュースだった。 1m3あたり0.03mgのサリンが検出されたという。オウム真理教と北朝鮮の間に横たわるコネクションとは。
一方、米国CIAによると、北朝鮮は1980年代から生物化学兵器の生産を開始しており、相当量のサリンを貯蔵していると報告している。サリン毒ガスの使用方法は、ミサイルの弾頭に取り付け、発射し、ターゲットの被弾地をサリンで汚染させる。日本全土を射程に入れている北朝鮮ミサイル・ノドンに搭載可能なのだ。
★オウム真理教、早川紀代秀。
1989年、複数のオウム信者が坂本堤・弁護士一家のアパートを夜陰に乗じて襲い、親子3人を殺害した。テロ犯のリーダーは、オウムの幹部だった早川紀代秀。
幼い我が子が殺されようとした時、母親は泣いて殺さぬように哀願したが、早川はその哀願を無視し、子供の首を絞めて殺した。
そしてようやく2009年、早川の死刑が最高裁で確定した。坂本事件から20年、霞ヶ関サリン事件から14年が経っていた。この早川は、麻原彰晃のテロ実行部隊のリーダーであり、内部粛清や外部テロを指揮した。そして分かっているだけで、早川は北朝鮮へ10数回入国している。オウムの背後には色濃く北朝鮮の影がある。

一方、在日朝鮮人の麻原彰晃こと松本智津夫は、2006年9月に死刑が確定した。

★韓国朝鮮人に日本の参政権を与えるな。

「ゆすり、たかり」外交の韓国。日本の嫌韓に合わせて、韓国でも嫌日という言葉が出来たそうな。まあ韓国の場合は、嫌日というより反日ではあるが。
日本の鳩山幸さんという人は、韓国タレントが大好きで、総理公邸で高級スシなどで接待しているそうだが、それは官房機密費で落としているのか。

さて民主党の金子こと山岡賢次は18日夜、韓国大使館で大使の権(ゴン)と会食し、韓国人への参政権付与について、今国会に提出することは困難であると述べたという。ゴンは法案の早期成立を重ねて求めたというが、それに対し山岡は、「参院選が控えているので今国会ではできない」と語った。しかし別の出席者は、「議員立法の可能性はある」と意欲を示したという。

いずれにしろ小沢・金子は、参院選で民主党が勝てば、参政権をやるということだ。
会合には参政権付与に奔走している民主党の川上義博、社民党の辻元清美が同席し、国民新党の下地幹郎も参加した。
★韓国という国は、竹島を軍事占領し、日本に銃口を向け、さらに韓国の馬山市は日本の対馬を韓国の領土だと決議している。この韓国大使の権(ゴン)などは、韓国国会の秘密会で、竹島問題に絡み日本を軍事占領せよと演説をぶった韓国人だ。
こういう韓国朝鮮人に日本の参政権を与えようとする民主党は狂っている。参院選では民主党を惨敗させる。
★社民党福岡県連。

18日、定例の幹事会を北九州市の朝鮮学校で開いたという。

社民党の県議や市議ら計12人が出席し、朝鮮学校の会議室で開かれた。普天間基地や参院選の準備などの議題を話し合ったという朝鮮のスパイ集団。

地方分権改革推進委員会(委員長・丹羽宇一郎)。
民主党政権の地方分権が進んでいないとして、丹羽は鳩山政権を批判した、「鳩山政権は勧告通りの分権推進を行っていない」。

鳩山総理は、国の出先機関統廃合と職員3万5千人の削減に理解を示していたことを指し、「抽象論ではなく、具体的に削減するプロセスに着手してほしい」。

分権委は、今月末で3年間の活動を終える。しかし、民主党ナチ政権は国家社会主義政党だから、猿に「はい」と言えと求めるようなもの。

★クロマグロ。
世界は銭(ゼニ)で回っている。
クロマグロの国際取引を禁止する提案が反対多数で否決されたが、日本への輸出が出来なくなることを恐れて反対したに過ぎない。それが国際外交の真実だ。
取引禁止を提案したモナコ、賛成の米国、スイスの欧米勢に対し、日本は反対の根回しを行い、アジア、アフリカの多くの国が日本に賛同した。リビアはクロマグロを養殖し、日本へ全品輸出している。禁止の旗を振ったモナコの王子はシー・シェパードと繋がっている。
梁取一夫。
元東京地検特捜部で名古屋高検の検事・梁取一夫が女性のスカート内を盗撮した事件、名古屋検察は同じ検事の梁取一夫(44)を起訴し、即決で罰金50万円。
そして梁取一夫は罰金50万円を即日納付し、検察官を辞職した。
梁取は、「1年ほど前から通勤途中に盗撮を繰り返した。スカートの中を覗きたいという欲望に負けた」。
梁取は1995年に検事任官、東京地検特捜部、法務省官僚を経て、2008年に名古屋高検に配属され、脱税などの経済事件を担当していた。鳩山はママのスカートに隠れたが、同じスカートでも、鳩山脱税王を押さえれば梁取一夫の手柄になったのだが。

さて、「梁」という姓は日本では珍しいが、韓国では「ヤン」と呼び普通にある。
(ムラマサ、鋭く斬る)

|

« 民主党・生方幸夫の乱。 鳩山由紀夫の嘘。 | トップページ | キロロの未来へ。 民主党・ナチ政権の未来。 »

「国際外交の真実」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 民主党・生方幸夫の乱。 鳩山由紀夫の嘘。 | トップページ | キロロの未来へ。 民主党・ナチ政権の未来。 »